サイトのご紹介

サイトのご紹介

女性同士の人間関係に悩んできた看護師の私が、働く女性ならではのトラブルとその解決策を経験を交えながらお伝えしているサイトです。特に女性同士のトラブルやセクハラ問題について取り上げていますので、同様の悩みを持つ女性に役立つ内容かと思います。このサイトへお問い合わせ>>メールフォーム

転職先探しならインターネット

転職先探しならインターネット

セクハラによる退職

法律上、退社を申し出てから2週間で辞める事ができます。しかし、勤務先に退職規定がある場合はそちらを優先する必要があります。では、過度なセクハラ被害を受けて退職をしたい場合でも、勤務先の退職規定を守らなければいけないのでしょうか。
民法では「やむを得ない理由がある場合」は即座に退職できるとしています。民法第628条によると、契約社員やパート等の雇用期間に定めがある人なら、セクハラやパワハラによって退職する際はすぐに辞める事ができます。雇用期間に定めの無い正社員等はすぐに辞めて良いという法律はありませんが、セクハラやパワハラによって精神、肉体的に苦痛がある場合は、公序良俗や緊急避難といった一般原則によりすぐに退職する事が認められる可能性があります。可能であれば引き継ぎ等をしてから辞めた方が良いですが、どうしても耐えられない場合は民法によって責められる事はありません。しかし、急な退職は事務手続き等が面倒になりますので、その部分は覚悟しておきましょう。

まずは退職時期を決めよう

セクハラやパワハラを受けて退職をしたい時は、まずは退職時期を決めましょう。ハラスメント内容は人によって違いますが、可能であれば引き継ぎをこなし、事務手続き等を終わらせてから通常退職する方が好ましいと言えます。しかし、精神的苦痛があって業務にすら支障が出るようであれば無理せず即座に退職し転職活動をしましょう。ただ、転職するにあたり、スキルや雇用の有益性、トラブルを起こさない人といった内容が求められます。セクハラで退職した事がわかれば、場合によっては色眼鏡でみられる事もあるでしょう。しかし、転職先でどのように自分が活躍できるかを考え、セクハラの後遺症を残さず前向きに転職する事が大切です。

インターネットで探すのが便利

最近の転職探しはインターネットが主流となっています。インターネットで転職探しをするメリットは求人情報の多さにありますし、インターネット環境があればいつでも求人を閲覧する事ができます。そこで欠かせないのは、求人サイトや口コミサイトです。これらをうまく使う事で、インターネットで転職先を探す最大のメリットを活かす事ができます。
例えば、口コミ等で人気のある転職支援サイトはサポート体制が充実していたり、自分の希望する地域の求人情報が豊富にあったりします。また、転職支援サイトは雇用条件の良い非公開求人がありますので、希望する条件で転職できる可能性が高くなります。希望する転職先が見つかるまでハローワークに通うよりも、自分の都合の良い時間で多くの求人を探す方が効率的と言えます。転職サイトや求人サイトの登録は一つに定めず、数か所に登録する事でより希望に合う転職先を見つける事ができますので、求人サイトのランキングサイトや口コミサイトを参考にして探してみましょう。

男性も必見情報